×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

神戸の格安な部屋探しでお得な生活を実現 月極賃貸やウィークリー、レンタルオフィス、デザイナーズマンションの選び方

神戸 格安 部屋探し

格安に賢い住まい選び
神戸の格安物件を見つけるポイント

  

神戸 お部屋探しの基本


結婚や就職、転職、出張などで新しい住まいを探す場合どういう方法を使いますか?街の物件仲介業者のところへ行ったりして探すのが最も一般的な方法でしょう。自分でできる方法としては雑誌で調べたりインターネットを使い調べると言うところでしょうか?どの方法でも部屋探しは可能ですが1つの方法だけでは希望の物件にはなかなか巡り会えないでしょう。

では神戸などの都市で一番効率の良いのはどういった方法でしょうか?それはそういった様々な情報から仕入れた物件を実際にまずは見に行き外観だけでも確認しておく事から始まります。間違った方法としてすぐに最初に物件仲介業者に行ったりしてしまう事です。仲介業者はこちらの都合を聞いてはくれますが基本的には早く入居させたい物件から優先的に提供します。これはしかたのない事で空き家を無くしてしまいたいと言う思惑が常にあるからです。

神戸などでは人気のあるところはすぐに埋まりますが、中には空き家状態が続く物件もあります。そのような物件を埋めていくのは仲介業者の腕にかかっているわけです。なので確実に格安部屋を探したい場合はまずは自分の足で神戸の街を歩き住みたいと思う物件を訪れて目星をつけてから来店したほうが良いでしょう。

もちろん神戸ではすぐにそのような良い格安物件が見つかるとは限りませんが、よほど急ぎでなければしっかりと内容を把握した上で粘り強い交渉をし少しでも良い物件を見つけましょう。



神戸・様々な物件形態、月額賃貸・ウィークリー・デザイナーズ・レンタルオフィス

最近の賃貸事情は多種多様化をしています。一般の月単位契約の他に週契約と言った短期の契約マンションやアパートも出現しています。これらはウィークリーマンションやウィークリーアパートなどと呼ばれたりしています。短期の出張の時などに主に使われる事が多いようです。これらのウィークリーの物件は家具が部屋に備え付けであったり敷金、礼金がゼロだったりと気軽に入居できるのが売りとなっています。

特に東京、名古屋、大阪などの大都市圏ではその数も格段に多くビジネスマンや学生を中心に利用されています。家賃も比較的格安なことから学生の下宿や、月単位契約のアパートと同じように長く住む人にも好んで利用されています。

しかしこのようなウィークリーマンションなどの物件は隣との壁が比較的薄かったり、退室する際リフォーム費がその都度かかったりとマイナス面もあります。それでも気軽である利点のほうを優先させるかたにはこれ以上ないサービスと言えるでしょう。

他のトレンド物件としては、ビジネスをされるかたにはレンタルオフィスが人気のようです。これはオフィスと言ってもその大きさは様々でその中でもスモールオフィスが大人気のようです。中には1kだとか普通の単身者が住むようなレンタルオフィスがありますが、都会の一等地にオフィスを持てるというステータスから好んで契約されるかたも多いようです。スモールオフィスならばそこまで賃貸料が高いと言う事もなく不必要な経費が抑えられる事でしょう。しかもこのようなビジネス用のオフィスはインターネットなどの回線環境や周辺の利便性も考えて作られているので起業家やSOHOをしているビジネスマンには最適と言えます。

そして最後にこれまでも人気でしたがまだまだ人気なデザイナーズマンションです。外観から見る人を惹きつけてやまないその魅力は変わらない人気を誇っています。最近ではデザインだけだはなくより使いやすく利便性も考えられたマンション等も建設されていて特に高い人気です。このようなハイグレードマンションは壁がコンクリむきだしや風呂場やトイレまでガラス張りになっていたりと遊び心満載です。しかしこのようなハイグレードなデザイナーズマンションは家賃のほうは当然ながら高いです。少しでも格安な物件を見つけられるようこまめな情報収集が欠かせません。

どの物件も敷金、礼金ゼロと言うのが今の流行で売り出している感がありますが基本的に入居となると家賃の他に多少のお金はかかるものだと思っておいたほうが無難です。敷金や礼金で取られなくてもリフォーム代や〜代と言った名目で退室時に取られたりと仲介業者の利益を確保するような仕組みになっています。敷金、礼金ゼロなどの言葉に捉われず全体を見た総合的な評価で自分にとって最適な物件を選択しましょう。

神戸 不動産に関する知識


不動産関連の国家資格は以下のものがある。 1不動産鑑定士
2司法書士 3土地家屋調査士 4宅地建物取引主任者 5マンション管理士 6管理業務主任者 以上が代表的な資格である。

1は、国家試験である不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える 不動産鑑定士名簿に登録を受けた者で、不動産の権利関係やその経済価値に 関する高度の国家資格者である。不動産鑑定士の独占業務は不動産の鑑定評価であり、 不動産鑑定士以外の者が不動産の鑑定評価を行えば、刑事罰の対象となる。
2は、司法書士試験に合格し、他人の依頼を受けて、裁判所・検察庁・法務局又は 地方法務局に提出する書類の作成及び登記又は供託手続きの代理を職業とする者のこと。
3は、土地家屋調査士試験に合格し、他人の依頼を受けて、土地や建物がどこに あって、 どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う 測量及び法律の専門家で国家資格者のことである。
4は、宅地建物取引主任者資格試験に合格し、宅地建物取引業者の相手方に対して、 宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者のこと。
5は、マンション管理士試験に合格し、マンション管理組合の運営その他マンションの管理について、 管理組合の管理者、マンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導、援助を 行う事を業務とする国家資格のひとつ。主に区分所有者からの立場で問題を解決する。
6は、管理業務主任者試験に合格し、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」制定にともないマンションの
委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うために設けられた国家資格のひとつで、 マンションの管理会社からの立場で問題解決を行わなくてはならない。

物件を契約する際はこれらの資格を持っている健全な不動産会社、物件仲介業者からの契約が望ましいと言えるでしょう。


>> レオパレス21    
Copyright (C) 2009 神戸 格安 部屋探し All Rights Reserved. プライバシーポリシー
<PR>格安部屋探し ネット問屋 リニア アルソア 国際電話 アムウェイ 永久脱毛 トゥルースリーパー ココセコム バイアグラ 新幹線